2004年01月31日

笠井潔

笠井潔の小説が出ていたので買った。笠井潔は私の好きな作家5人の一人です。
ちなみに、その5人とは

酒見賢一
笠井潔
京極夏彦

島田荘司

です。酒見賢一以外はどミステリ関係ですが、どうやら長編・遅筆な作家が好きみたいですね(゚∀゚)

買ったのは「魔」で久しぶりの探偵・飛鳥井シリーズです。
いわゆるハードボイルドに分類されるジャンルでしょうか。上のリストの原錣砲狼擇个覆い任垢、笠井潔もなかなかの雰囲気です。シリーズ前作も読んでますが、もう前過ぎてほとんど覚えていません。前作を読み返してからにしようかなと考え始めてます。

そうだ、笠井潔は矢吹駆シリーズが最も好きで、最新作も買っているのですが良く考えたら半分くらい読んだところで止まっている!
オイディプス症候群
四六判700ページ以上の超大作なので重すぎて通勤で読めない。寝る前に読んでいたのですが、菜々夏が寝室で寝るようになって、電気をつけていられなくなったためそのまま忘れていました。そっちも読まなければ。後でリビングに移動しておこう。
矢吹駆シリーズは今なら創元推理から再販になっているので「バイバイエンジェル」からぜひ読んで欲しい小説です。ただ、それと「サマーアポカリプス」、「バラの女」の初期三部作は比較的読みやすいのですが、その後の「哲学者の密室」は粘り強さが試されるかもしれませんw

ふぅ、好きな作家の話を始めると色々わき道に逸れてしまいます。本棚から飛鳥井シリーズを取り出してみると
三匹の猿」 福武書店(現ベネッセ)
」集英社
そして、今回の「魔」は文芸春秋と全て出版社が違う…シリーズで毎回変わるのは珍しい。遅筆作家ならではかもしれません。

この「魔」には巻末にうれしいことに笠井潔著作リストが載ってまして、買い損ねた作品がチェックできるという按排です。ヴァンパイア戦争などSF作品ももう一度手に入るのなら読み直してみたいなぁ、と思ってamazon.jpで検索してみたら普通に手に入るらしい。書店で見かけないから絶版かと思ってましたよ。あとこの人は評論も面白いのです。

投稿者 iwazawa : 2004年01月31日 23:39
コメント

その昔、小説にはまり過ぎて視力を落としたので最近まであまり読まないようにしてましたが、今年から多少は読もうかと思ってます。昔のように年に100冊以上とかは無理ですが。
京極夏彦氏は三上さん、岩澤さんお奨めのミステリー作家なので、今読んでるのが終わったら購入するつもりです。
寝る前に読むことが多いのですが、面白い小説だとそのまま読み続けて睡眠不足になるのが悩みですね。
あと、読み終わった本をどうするかという問題も。広い部屋が欲しいところです。

Posted by: 荒木(Udon) : 2004年02月01日 01:44

京極夏彦が三上さん推薦だったかどうか、もう覚えていないですが、原錣牢岼磴い覆三上さん推薦ですよ。まぁどちらもお勧め。

Posted by: iwazawa : 2004年02月01日 19:10